豊胸手術はどうやるの?

豊胸手術はどうやるの?

豊胸手術の方法

美容整形クリニックで行われている豊胸手術の一例を挙げると、人工乳腺法・ヒアルロン酸注入・脂肪注入があります。この中で切らずに行う施術はヒアルロン酸注入と脂肪注入です。

まずヒアルロン酸注入の方法は、胸の下の方から注射器でヒアルロン酸を片胸ずつ入れていきます。注入する量の目安は300cc位まで、自然な形に仕上がることが特徴で柔らかさは施術の中でも最も柔らかくなっています。ただし低吸収ヒアルロン酸のため早ければ3年程度で再び施術が必要になるでしょう。

そして脂肪注入は自分の脂肪を吸引してバストの下の方から注射器で入れる方法です。注入する目安は200ccまでで、ヒアルロン酸注入のように自然な仕上がりが期待できます。柔らかさは普通程度ですが半分吸収された後の分は半永久的に残るとされます。

それから人工乳腺法は脇の下またはアンダーバストを切開し人工乳腺を挿入する方法です。片胸あたり800ccで形は丸型やしずく型になり、柔らかさは普通程度になりますが、効果が半永久的に続くメリットがあります。

どの方法を選んだとしても全身麻酔または局所麻酔が必要ですが、シャワーは長くても翌々日から、入浴は1週間後からすることができるようになっています。


【バストアップ方法 参考リンク】
手術以外にもバストアップする方法はあり、なかでもバストアップサプリは手軽に始められます。どんな効果があるのか詳しく知りたい方は、こちらのサイトを参考にしてください ⇒ バストアップサプリ 効果